EARTH BAG とは?・・・・アースバッグとは?

「土を袋に入れて積み上げる」というシンプルかつユニークな工法で作られる建物の事です。
アーチ構造を原理としているのでドーム型やかまぼこ型の家、またはそれらの複合形の建物を作ることができます。
そのほか可能性は無限大であると思います。 中東に起源をもつこの工法は、建築家のNader Khalili(ナダーカリリ)氏により考案されたもので、1991年には氏の手によって米国のカリフォルニア州に、Earth Bagの工法を教えるための学校として The California Institute of Earth Art and Architectureカルアースが設立されました。

木をほとんど使わず、その土地の土を主体に作られるというその工法のおかげで、世界中のどの土地でも建てることが可能です。
また、一般的なコンクリートの建築物に比べ約4倍もの強度があるので台風や地震などの自然災害にも強く、その技術はNASAの月の基地建設にも生かされているほどです。 もともとは戦争や紛争のときに必ず用いるのが有刺鉄線や土のう袋。
その2つをドッキングさせて出来たのがアースバッグビルディングです、強度は最強ですが、形が 曲線なので、どこか人間を落ち着かせる建物と思います。

EARTH BAG VILLAGEとは?・・・・アースバッグヴィレッジとは

EARTH BAGの作り方を学べる空間、体験できる場所です。実際にカリフォルニアの学校にてEARTH BAGの工法を学んできたスタッフが指導にあたり、一通りの工程を学ぶことでEARTH BAG建築で自分の空間をセルフビルドという形で実現します。

スタッフ紹介

■HIRO

名前:ヒロ HIRO、アースバッグビルダー、大分県佐伯市出身

2004年   カナダ、BC州ソルトスプリング島にある小さな本屋で出会った本
「Earth Bag Building」で始まる。
2005年 5月   Cal Earthのワークショップに参加。
2006年 12月   宮古島の離島、伊良部島に移住。
2008年 3〜5月   米国、CA州Joshua Treeにて3ヶ月間のドームハウス建築に携わる。
2010年 10月   伊良部島に初代;Earth Bag Villageを開く。
ワークショップもスタート。
2011年 11月   大分へUターン。
拠点地を大分県大分市におく。